Ces poupées du HINA-Matsuri, festival traditionnel 

au Japon le 3 mars chaque année, sont fabriquées par Mme. Setsuko Azumaya qui habite au Japon.

Elle a tout perdu le 11 mars 2011 lors du grand tremblement de terre à Fukushima-Tohoku au Japon. Quelques années plus tard, elle a commencé à fabriquer ces poupées avec le tissu d’anciens kimonos afin de remercier les gens qui, à travers le monde, ont soutenus

les victimes.

Si vous souhaitez d'acheter ces poupées de Hina, contactez-moi directement par email.

En achetant ces poupées, votre argent servira intégralement aux 1.778 enfants qui ont perdus leurs parents pendant ce cataclysme. Merci d'avance pour votre intérêt.

 

Au printemps 2019, un don d'une valeur de 30,000 yens était fait pour 【FUKUMARU・Child House: Maison pour les orphelins du séisme de Fukushima】

Merci beaucoup pour votre coopération !

 

FUKUMARU・Child House                                                 

http://www.fukushima-child.com

                  * * *

「あずさん」とおっしゃる人形作家の方から託されたちいさな雛人形を飾りました 。あずさんは2011年3月11日の東北大地震で被災された方でした。

数年が経ち、これまでたくさんの援助の手や物資、祈りに支えられていたことに気づかれたそうです。特に、海を隔てた国々から支援してくださったみなさんにお礼を伝えたい。その想いから、家ごと流されてしまった大切な雛人形にもう一度息吹を吹き込むかのように着物や古布を使った作品を作りはじめられました。

現在、札幌市で創作活動の傍ら作品作りを教え、日々感謝の中暮らしておられるあずさんから「スイスの方々へも差し上げて」と、雛人形を託されました。お話を伺って私の中にさらなる想いが生まれました。東北大地震で親を失った子供が1.778名います(両親241名/父または母1.537名/厚労省調べ)。お人形を施設で暮らす東北の子供たちの将来のために役立てさせていただいても良いでしょうか、という提案をあずさんは快く了解してくださいました。

あずさんの雛人形にご興味のある方はどうぞお気軽に右記のアドレスにご連絡ください。

寄付報告

2019年春、NPO法人【ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会・チャイルドハウスふくまる】に、雛人形売上金3万円を寄付させて頂きました。

ご協力、ありがとうございました!

【チャイルドハウス ふくまる】

http://www.fukushima-child.com

​HINA Matsuri

雛1.jpg

Petit      10cm x 17cm  40Frs.

Grand   15cm x 20cm  50Frs.

Contact: kotonocha@gmail.com