kotono-cha

 

 "kotono-cha" (言の茶)est un mot inventé qui peut être littéralement traduit « thé de  parole » ou « thé qui parle » inspiré par "kotonoha"(言の葉), qui est l’ancienne  manière de désigner « feuille de parole » en japonais. "Ichi-go ichi-e" (一期一会),  qui signifie “un temps, une rencontre”. Ce terme japonais décrit un concept culturel  souvent  relié avec le célèbre maitre de thé, Sen no Rikyû. Le terme est souvent traduit  par “une seule occasion dans toute une vie”. 

 Natsumi vous accompagne pour la découverte des thés verts japonais en espérant  que cette rencontre soit unique dans le sens d'"ichi-go ichi-e", et stimule votre plaisir  dans ce voyage. 

 

Natsumi Surmely

 Ambassadrice de bonne volonté du Thé Japonais pour la Suisse en 2018-2020,

 nommé par Le Conseil d'exportation du thé japonais, sous le patronage du Ministère

 de l'Agriculture du Japon (MAFF). Natsumi a obtenu la certification de Japanese Tea

 Advisor auprès de la Nihoncha Instructor Association en 2017.

 

  日本茶アドバイザー・日本茶親善大使 シュルモリなつみ

 

 スイス・レマン湖畔のちいさな村で、日本茶​ワークショップを始めて2年あまり。

 また、日本茶輸出促進協議会より、スイスの日本茶親善大使の命を授かり襟を正す思いです。

 その役割は、「海外での日本茶の正しい知識を普及し関心を高める」こと。同時に、千利休が

 遺したと言われる「一期一会」の精神に自らが喜びをもって共感し、おひとりでも多くの方と

 分かち合うことができれば、と願っています。

 

​  kotonocha「コトノ(言の)茶」は、和歌に詠われる「ことば」を表す「言の葉」からお借り

 して名づました。お茶には「絶対」はなく、用いる茶葉の種類のほか、水温や抽出時間、

 その日の体調によってもずいぶんと味が変わります。一服、一煎のお茶を淹れて、頂く。ひとり

 でも、みんなとでも、お茶の語りかけにひととき耳を傾けるように。そう毎日続けていると、心

 身ともにほっとし1日の活力となるようなお茶との出逢いが必ずあります。海外で日本茶が注

 される今日、その効用や淹れ方、真髄までを外国語で伝えていく責任は決して軽くはありませ

 んが、 日本茶で人と人を結びあたたかく優しい時間を紡ぐお手伝いができれば嬉しく思います。